スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    幸せな気持ちになるとき…

    - comments(0) trackbacks(0) すぎやま
    人が幸せな気持ちになるときはどんなときだろう


    ここ3日くらいで思い出せる幸せな気持ちになったことを箇条書きにしてみよう

    〕良を買ったこと
    →半年に1回くらいしか買わないからテンション上がる。


    ▲札屮鵐ぅ譽屮鵑離魁璽辧爾美味しくて幸せ
    →つい3ヶ月ほど前、うちの塾のある先生に教えてもらって知った。うますぎて、一日2本くらい買っている気がする。これ、絶対健康に悪いよね。でも、最近よく通る道に新しくゼブンイレブンができて、到底この誘惑からは抜け出せそうにない。15分の車移動の道になんと5件もあるからね。


    先生同士が協力し合ってくれていること
    →仲間の仕事を手伝っている姿を見て、俺まで感謝の気持がわく。塾全体のことを考えてくれる、気にかけてくれる先生も増えてきた。いろんな価値観を持った人たちが集まって、一緒に頑張れるって本当に幸せ。もっともっと楽しい職場を目指す。先生たちの個性がガンガン出していける職場を作りたい。学生の先生たちがここで働くことでお給料以外にもお土産を持たせてあげたい。まあ、それには俺の器もさらに広げないといけないのだが。

    な欷郤圓諒々と面談や保護者会を通して、いろんなお話ができたこと
    →お話をさせてもらう中で、頼りにしてくださっていること、100%信じて預けてくださっていることを改めて感じ、もっと良くしていきたいと思った。効率化じゃなくって、子どもたちにとって良いことなら、面倒なことでも全然苦ではない。月謝の何倍もお返しをしたい。

    ゾ匆陲鬚靴討發蕕┐燭海
    →長く通ってくれる生徒のお母さん、最近入塾してくれた生徒のお母さん、卒塾した生徒のお母さんから新規の生徒のご紹介。「喜んでもらえていたんだ」と嬉しくなる瞬間。(ただ、今は入塾待ちや締め切りでお断りをしないといけないのが心苦しい。)また、学生の先生たちが大学の友人を塾のアルバイトに誘ってくれること。こればかりは俺の厳しい面接&研修があるから全員雇えはしないのだが、今働いてくれている仲間がそうやって紹介してくれる気持ちが泣くほど嬉しかった。

    Σ兇成長体質な人間であること
    →そういう自分に育ててくれた親に感謝。毎年、毎年、そうだが、俺自身、猛烈なスピードで成長させてもらっている。毎月問題は起きるが、俺は折れることなく、しつこく問題解決につとめる。問題は解決するのが当たり前だし、俺に振りかかる問題は絶対解決できる(もしくは勝手に解決していく)と思っている。高校時代にどんな数学の入試問題も俺に解けない問題はないと思っていた(今からすれば、クソ生意気ボーズ)が、それと似ている。ただ数学と違うのは、問題解決できた後には成長というご褒美が待っている。もちろん、折れそうなときは諸先輩方や仲間に助けてもらっているから、俺だけの力じゃないのはわかっているけど、「あきらめない」とか「最後までやりきる」とかそういう根性がある自分に感謝だ。神様が俺にこういう能力をわざわざ与えてくれたわけだから、きちんと人のために使いたいと思う。(※注意)クズな部分が大半ですが、それはご愛嬌。



    ´△亘稾瑤澆燭い覆發鵑巴惨的な幸せだ。長くは続かないから、もしかすると幸せって言わないかもしれない。

    きイ録佑箸隆悗錣蠅涼罎覇世蕕譴觜せだ。



    人はみんな、他人を介して幸せを感じる



    これは絶対の真理だと思う。

    無人島で上手な授業ができたって絶対に幸せじゃない。

    上手な授業で、面白い授業で、熱い授業で…そう、熱い仕事で誰かに喜んでもらえるから自分も幸せな気持ちになれるのだ。



    俺はまだまだ完璧じゃないけど、「他人」に喜んでもらえることを目指していきたい。

    狙っていかないと当たらないからね。俺はそこを目指していきたい。



    一緒に目指したい奴は一度、俺と一緒に飲まないか?(お酒が好きです。)



     
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM