スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    広告書いててテンションが上がっているので久しぶりに投稿します。

    - comments(0) trackbacks(0) すぎやま
    さて、ご存知の通り、僕は今、誰の応援もない中、広告を書いているわけなんですが、誰かに応援してもらいたいなんて1ミリも思っていません…

    なんで、こんなクソ遅い時間にまだ広告をやっているのかというと…

    深刻かつ不治の病なので、軽くは言えないのですが…

    軽く言うと




    「広告を書こうとすると写真アルバムを見ながらノスタルジーに浸る病」なんです。









    はじめは生徒との思い出に浸るところから始まるんですが、最終的には自分の幼稚園くらいの写真にまでさかのぼって、完全に異国の世界に逝ってましたから。

    ついでに、もう一つ。今糖質制限ダイエット中なんですが、夜12時におにぎりとジャガビーとアイスをガッツリ食べましたから、これで退路がたたれました。これで広告書かなかったら、ただの豚野郎です。絶対にやります。


    朝7時までに

    で、思い出したことがあります。これはある人から教えてもらった言葉なんですが、「人生は選択である」と。

    広告を書くべきなのにノスタルジーに浸るのも僕の選択ですし、夜12時にメシを食うのも僕の選択です。

    そういった選択を僕たちは毎日している。その選択が今の僕達を作っている。だから、自分の理想に近づくような選択をしよう、という考え方です。


    これの対義語に「人生は運命である」という言葉があります。

    僕がノスタルジーに浸ろうが、夜12時にメシを食おうが、所詮僕はなれるものにしかなれず、自分の意志だけではどうにもならないことがある、という考え方です。


    どちらが正しいのかは人それぞれでしょうが、僕は両方正しいと思うのです。

    「人生は選択」と思いながら生きていくことはしんどいことです。基本的に全て苦しい選択が多いです。しかし、苦しい選択の連続の先にはレベルアップした自分がいるのです。

    反対に「人生は運命」と割りきって生きることは楽で、幸せも感じやすいです。基本的に「なんとかなる」の精神で楽な選択ばかりしていくのです。しかし、当然のことながら、次のステージには上がれません。


    時に「人生は運命」と割り切ることも必要でしょう。「なんとかなる」って思えるなら、本当になんとかなるもんだし、なんとかならないもんって意外とないもんです。

    が、僕は子どもたちには「人生は選択である」ことを学んでほしいなあと思います。ステージの上がり方を知ってほしいのです。一つ上のステージに上がってから、「なんとかなるもんやな」って言ってほしいのです。ステージ上がってはみたけど、「ワイはもう一つ下のステージでのほほんやる方が合いますわ」となってほしいのです。





    ところでなんですが、しょっぱなから去勢をはってしまって、猛省中なんですが、本当は広告を書くのを隣で応援してくれる人、募集中です。




    P.S. 3月10日(火)にすぎやまこだわりの一品&NiCOの気合いの入った広告が入ります!乞うご期待!入試結果も載せとります!!福岡市南区大橋付近のお住まいの方はご注目ください!
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM